日本の建築

 

建築とは、 人間が活動するために内部に空間を持った構造物を計画、設計、施工し、それを使用するに至るまでの過程のこと、またはそれによって作られた構造物そのもののことを言います。ただし、本来後者は建築物と呼ぶのが適切です。大きく捉えると地域計画や都市計画、景観デザインなどの環境デザイン構築、コミュニティ形成を指し、小さくは室内の家具、小物に至る物作り全般までを指しますが、通常は一定の敷地を単位にして捉えています。

もともと建築とはArchitectureの訳語で、明治初期はこれに「造家」という訳語が当てられていました。伊東忠太という建築家が1894年に発表した「アーキテクチュールの本義を論じて其の訳字を撰定し我が造家学会の改名を望む」という論文で「世のいわゆるFine Artに属すべきものにして、Industrial Artに属すべきものに非ざるなり」と述べ、工学ではなく総合芸術として表す語として「建築」という訳語がふさわしいと主張したために、造家学会は建築学会と改称し、東京帝国大学工科大学造家学科は建築学科に改称して、現在のように建築と訳されるようになりました。

高圧洗浄機